ジェスモナイトでテーブル天板は作れますか?

はい、作れます。 小型のコーヒーテーブルから、数メートルの大型カウンターまで自由なサイズとデザインで制作が可能です。 テーブルトップの制作では加工性の良さや発色性の良さから「Jesmonite AC100」が使用されるケ […]

Read More →
ジェスモナイトは照明器具制作に使用できますか?

ジェスモナイトで照明器具の台座やランプシェードなどの制作にご利用いただけます。 ジェスモナイトは日常使用に関して非常に燃えにくく延焼の心配がないため、照明器具などの熱源に近いところで使用するアイテムにもご使用いただけます […]

Read More →
粉バケツが開けられないのですが。

Q AC730の30kgセットの粉バケツが開けられないのですが、簡単な開け方はありますか? A 開け方を二つご紹介します。   ひとつは、専用の器具が必要ない開け方となっており、ハンマーと添え木があれば試してい […]

Read More →
アクリリックシーラーは艶はありますか?

アクリリックシーラーはマットな仕上がりですが、AC100の無塗装の状態と比べると多少の艶感と塗膜感があります。 アクリリックシーラーを水で薄めて塗布することで、ハケ跡や凹凸をなくし、塗膜が目立ちにくい状態で仕上げることは […]

Read More →
ジェスモナイトAC100は水研ぎが可能ですか?

はい、ジェスモナイトAC100は空研ぎも水研ぎもどちらも可能です。 耐水ペーパーを使用して水研ぎすることで、研磨時の粉塵を抑えながら均一に研磨することが可能なのでお勧めです。 研磨の作業をご紹介した動画をこちらにアップし […]

Read More →
「FLEX METAL」と「METAL FILLER」の違い

JESMONITE FLEX METAL(ジェスモナイト フレックスメタル)とJESMONITE METAL FILLER(ジェスモナイト メタルフィラー)は、 どちらもジェスモナイト製の金属フィニッシュ用ですが、それぞ […]

Read More →
ジェスモナイトでFRPはできますか?

ジェスモナイトAC100、AC730ともに、FRP(ガラス繊維で強化した積層工法・レイアップ)が可能です 作業の感覚はFRP樹脂(ポリ樹脂・不飽和ポリエステル樹脂)のほぼ同様に行えます ジェスモナイトは硬化時に収縮がない […]

Read More →
専用のミキシングブレードは必要ですか?

プロユースの場合は、必ず専用のミキシングブレード使用をお勧めします。 電動ドリル+専用ミキシングブレード(Sサイズの場合です、※Lサイズは下記参照)を使用して手早く十分に攪拌することで、ムラのない滑らかで均一なテクスチャ […]

Read More →
ジェスモナイトAC100は、耐水性がありますか?

いいえ、AC100は耐水性ではありません。 一時的に水が掛かる程度は全く問題がありませんが、長時間水が掛かる環境、もしくは水に浸かった状態での使用は推奨できません。 AC100で制作した造作物を屋外設置する場合は、耐水・ […]

Read More →
ジェスモナイトは食器として使えますか?

いいえ、ジェスモナイトは食器としては使えません。 ジェスモナイトは、毒性のない安全な素材からできていますが、食品が直接触れる用途としては設計されていません。このため、直接食品が触れるような使い方は避けてください。 料理を […]

Read More →
石膏型の離型剤は何が使えますか?

石膏雌型に水性樹脂のジェスモナイトを貼り込む際、離型剤で一番のおすすめは、「液体離型剤DWC」です。 液体タイプの離型剤の為、型表面に塗りやすく、細かなディテールを保持したままの複製が可能です。また、液体離型剤DWCには […]

Read More →
石膏雌型を使う場合、注意点はありますか?

石膏雌型に水性樹脂のジェスモナイトを貼り込む際の注意点は、割り出しにあまり力を掛け過ぎないことです。 ポリ樹脂の割り出しの感覚で石膏型を割ると、中身のジェスモナイトが破損する可能性があります。 ポリ樹脂に比べてジェスモナ […]

Read More →
硬化熱はどれぐらい出ますか?

硬化時に発生する熱は40℃前後です。 大きなサイズのキャスティング(無垢の注型)も可能です。 ポリの樹脂のように異常な高熱・火災・変形が発生する心配はありません。

Read More →
ジェスモナイトはどれくらい耐熱性がありますか?

およそ90度までの環境下にて使用してください。 耐熱煉瓦や耐熱シリコンのような、高温下に耐える素材ではありません。 ジェスモナイトは極めて燃えにくい材料ですのでランプシェード制作など熱源の近くで使用する場合にも安心してお […]

Read More →