石膏型の離型剤は何が使えますか?


石膏雌型に水性樹脂のジェスモナイトを貼り込む際、離型剤で一番おすすめは、カルナバロウという椰子からとれる天然WAX(蝋)です。

石膏型へのカルナバロウの塗り方は、ウエスなどに付けて型表面に擦り込むイメージです。(初めての場合は3回ほど)
凹凸が多くて細部まで塗るのが難しい場合は、湯煎で液状にする、もしくはホワイトガソリンで希釈してハケ塗りすることも可能です。湯煎の場合かなり消費量が増えると思いますのでご注意ください。

ユーザ様の作業動画で、石膏型にカルナバロウを離型剤として使用した、割り出しの様子です。


円山 栞多(Kanta Maruyama)さんの作品

作業テスト済のカルナバロウWAXをジェスモナイトのオンラインショップで販売しています。

▼カルナバロウ離型剤
https://jesmonite.official.ec/items/24226157

そのほか、手近なものでワセリンも離形剤として使用できます。

リンレイブルーワックスも離型はしますが、ワックスに含まれる有機溶剤成分が残っていますと、ジェスモナイトの表面が侵されて荒れます。
(水性樹脂のため、有機溶剤成分に触れている面の硬化に影響が出ます)
脱型後に上から塗装予定の場合や、塗布を薄くしてしっかり有機溶剤成分が飛んでいればご使用可能だと思います。個人の技量に依存しますのでテストしてご使用ください。

カリ石鹸はある程度効きますが、あまり離形が良くないためお勧めできません。

その他「CMCのり」も離形が良かったとの情報をユーザ様より頂いています
(弊社では未検証)

PVA系の離型剤は単体では全く機能しません。