AC730 と AC100はどう違いますか?


用途の傾向としては、石調の表現や建築系ではAC730の利用が多めで、彫刻やデザイン系ではAC100が好まれることが多いです。

AC730:石の建物の外壁化粧パネル、岩などの映画セット

AC100:彫刻、考古学レプリカなど

以下、項目ごとに違いを説明します。

1. ファインさ(型の再現性)

AC100>AC730

AC100,AC730どちらも緻密ですが、 より緻密な表面に仕上げたいときはAC100が向いています。

 

2. 強度

AC730>AC100

AC730の方が強度は高いです (AC100圧縮強度:25 ‒ 30 MPa、AC730圧縮強度:58 MPa) ちなみに比重もAC730の方が若干重いです。

3. 耐水性

AC730>AC100

AC730、AC100ともに屋内・屋外の両方に対応ですが、AC100を屋外使用する際には対雨・防カビなどのために表面コーティングが必須です AC730は水に強くコーティング不要です。(防汚性を高めるコーディングはもちろん可)噴水などの常時水に触れる造形物などにもOKです。

4. 作業時の流動性

AC100>AC730

AC100は、ノーマルの状態でたこ焼きのネタくらいの粘度です。 AC730は、セメント調でほぼ流れません(振動を与えると流れます) 扱いやすさは好みはありますが、通常のポリFRPの代替作業でいいますと、圧倒的にAC100が使いやすいです

 

▼AC100の作業

▼AC730の作業

5. 硬化の速さ

AC100>AC730

AC100は、基本的に10~20分で硬化開始、 AC730は、基本的に25~40分で硬化開始します。 どちらも専用の硬化遅延剤があります(それぞれ別々です) ※ちなみに増粘剤はAC100/200用のみで、AC730用はありません

6. 発色の良さ

AC100>AC730

AC100は、非常に鮮やかに発色します。AC730も発色は良いですが、AC100に比べると劣ります。なおどちらにもジェスモナイトピグメントが利用できます。

 

その他、リキッドとベース混合比率なども違いますが、詳しくはジェスモナイト公式サイト 下記ページからユーザガイドがダウンロード可能です!

https://jesmonite.jp/document/