AC730の硬化時間はどれくらいですか?


AC730の硬化時間はおよそ10~50分です。
AC730は、AC100と比べ気温の影響を受けやすく、夏と冬で硬化時間が大きく変わります。ご注意ください。
夏場は硬化遅延剤の使用をお勧めします。
https://jesmonite.official.ec/items/21146751
※AC730用硬化遅延剤とAC100用硬化遅延剤は別の材料です。兼用はできませんのでご注意ください。

なお、脱型する際にも最低でも6時間以上、できれば12時間は置いてから脱型してください。
脱型時間が早すぎると割れやヒビにつながる危険性がある他、表面の層がシリコン型側に食いついて剥がれてしまう場合があります。

作業時の室温は5~25度に保つようにしてください。
これ以下/以上の気温で作業すると、硬化時間が異様に速くなるor遅くなるなどの問題が発生する場合があります。

室温25度、AC730の硬化時間の例

遅延剤なし
攪拌開始から5分程で徐々に粘度が上がり始め、10分ほどでかなり高粘度に。12分で動かなくなる。

遅延剤あり(0.6%添加)
攪拌開始から22分で粘度が上がり始め、26分で動かなくなる。

これは一例で、作業場の条件、フィラーの有無などにより硬化時間は変動します。
作業する前に少量でのテストを行うことをお勧めします。