ジェスモナイトでキャンドルホルダーや燭台を作っても問題ないですか?


はい、キャンドルホルダー・燭台をジェスモナイトで作ることは問題ありません。
溶かしたキャンドルをジェスモナイト製の容器に流し込むことも基本的には問題ありません。

ただしキャンドルホルダーなど熱源の近くでジェスモナイトを使用する際の安全面の留意点として、コーティング剤に可燃性のものを使用しないこと、容器形状に注意することの2点が特にあげられます。

可燃性のコーティング剤について

ジェスモナイトの仕上げコーティングに、ワックスやオイルなどを使用するケースがありますが、これらのコーティング剤は可燃性です。
ジェスモナイト自体が燃え広がらなくても、表面に塗布したワックスやオイルが燃料となって延焼することがありますので、キャンドル容器や照明器具など熱源の近くで使用する用途では安全のためワックスやオイルの仕上げは避けることをお勧めします。
ジェスモナイトオンラインショップで販売している「AQSコート(セミマットクリア)」(AC100用)は、水性シリコンコーティング剤で可燃性塗料でありませんので、キャンドルホルダーや燭台などのコーティング剤としても安心してご使用いただけます。

容器の形状について

熱源から出る熱がこもりやすく逃げ場のない形状であったり、キャンドルの火が底や側面に直接当たってしまうなどで表面が焦げる・燃える事があります。ジェスモナイトは可燃物ではありませんが、数百度の高熱に耐えるような耐熱素材ではありません。なお、溶かしたキャンドルは通常60~70度の融点と高くないため、溶かしたロウを流し込んだり、溶けたロウがたれ落ちて触れる程度の温度は特に問題ありません。

ジェスモナイトに直火を数分間当て続けると焦げたり一瞬燃えたりするほか、時により内部の気泡や水分の影響で加熱部がはじける恐れがありますのでご注意ください。

直火を当てたテストの例:

(黒くなっている部分は蝋燭のススが付着したもので、ススについては水で洗うと落ちます)

火や熱を扱うものは特に、十分すぎるくらい安全に留意してジェスモナイト製作をお楽しみください。
ジェスモナイトを使って製造したプロダクトに関しては、使用者責任にてご自身で充分なテストを行ったうえで安全に使用・販売してください。